TOPへ
戻る

相続税の計算や相談なら相続税専門の名古屋総合税理士法人へ。
営業時間 平日9:00〜17:30(土日祝休み)・携帯OK

遺言書作成

争族を防ぐために、遺言書を残しましょう

相続を考えるにあたって気をつけなければならない点は、「争続」を防ぐことです。

相続を機に、仲の良かった兄弟姉妹間で相続争いが起きてしまい、それ以降、親戚付き合いもなくなってしまったというケースや相続人の関係が複雑で話し合いがしにくいケースなどもあります。

当法人は、一族が今後も繁栄できるような相続となるようにアドバイスすることを、常に念頭においております。

節税はもちろん大切ですが、「相続争い」を防ぐための遺産分割対策も重要なのです。

そのためにはまず、自分の死後、自分の財産をどのように分けたいのかということを「遺言書」にして残しておくことをおすすめします。

遺言書の種類

遺言書には、自筆証書遺言、秘密証書遺言、公正証書遺言の3種類があります。

それぞれメリットとデメリットがありますが、一番確実な方法である公正証書遺言をおすすめしております。

公正証書遺言には証人2名が必要になりますが、当事務所でもお引き受けしております。

また、遺言書で遺言執行人を指定すると、相続人間の紛争を緩和しやすい、というメリットがあります。

遺言執行人とは、遺言書に記載されている内容に沿って、相続人の代理人として相続財産を管理し名義変更などの手続きをします。

遺言執行人は遺言の内容を第三者の立場から忠実かつ公平に実行します。

多角的要素を検討した無料の遺産分割アドバイス

名古屋総合税理士法人では、特例の適用要件や納税資金の確保など相続税に精通しているのはもちろんのこと、争続対策などによる家庭円満など、依頼者のために多角的要素を検討したうえで無料にて遺産分割アドバイスを行っています。

料金はこちら