TOPへ
戻る

相続税の計算や相談なら相続税専門の名古屋総合税理士法人へ。

相続税専門の名古屋総合税理士法人

0120-680-200 営業時間 平日9:00〜18:00 (夜間、土日も相談歓迎)

3年内贈与加算とは?

2019年05月24日



相続人等が、故人からその死亡前3年以内(死亡の日からさかのぼって3年前の日から死亡の日までの間)に贈与してもらった財産は、その相続人等の相続税を計算をする際に、相続財産とみなして、相続財産額に加算しなければいけません。

なお、死亡前3年以内に贈与してもらった財産額に対応する贈与税の額は、その相続人等の相続税の計算上控除されます。 3年以内であれば贈与税がかかっていたかどうかに関係なく加算しなければならないため、基礎控除額110万円以下の贈与財産や死亡した年に贈与された財産の価額も加算されます。 相続税申告の際は、ご注意ください。