愛知県の相続税申告なら相続税のクロスティ「新型コロナウイルス感染防止対策について」ページ

ブログ・お知らせ
Blog

2020.04.24
ブログ

新型コロナウイルス感染防止対策について

医療従事者の方々をはじめ、新型コロナウイルス感染のリスクを負いながらも、業務を継続いただいている事業従事者の方々に感謝いたします。

弊社は中小企業のお客様が多く、早急な資金繰り対策などが必須であるため業務を継続いたしますが、今後も、できる限りの感染防止対策を行ってまいります。


弊社で既に行っている主な感染防止対策について

☑︎マスク着用の徹底
☑︎常時、換気を行う
☑︎出退勤時間の調整(ラッシュ時間帯を避ける)
☑︎体温確認(37度以上入室禁止)
☑︎除菌対策の徹底(手指消毒剤、アルコール除菌シート、クレベリン)
☑︎在宅ワーク推奨による出社人数の軽減(社内勤務は1日3時間以内、週4日以内とする)
☑︎デスク間距離を取るためのデスクレイアウトを変更
☑︎定期訪問や新規ご相談、社内会議のリモート化
 (メールやオンラインツールなどを利用し、極力非対面で行います。止むを得ず来社される方には、アルコール消毒液の使用にご協力をいただきます)
☑︎セミナーのオンライン化(ZoomでLIVE配信)

マスク着用の徹底

予防としてのマスク着用を徹底しています。
マスクをバックヤードの出入口付近に常備しており、自由に使用することができます。
どこの薬局に行ってもマスクが品薄となっている現状、外出時や翌日出社時に必要なマスクを持ち帰り、感染予防に役立ててほしいという考えです。

常時、換気を行う

作業スペース、来客スペースは常に窓を開け、換気を行っています。

出退勤時間の調整

弊社はフレックスタイム制を導入しており、出社時間、退社時間を自由に設定することができます。
出社・帰宅ラッシュの時間帯を避けての通勤を推奨しています。
また、パート契約など勤務契約時間の都合上、出社・帰宅ラッシュにあたる場合は、出社・退勤時間を前後1時間ずらすことを推奨しています。

体温確認

体調が悪くない場合でも、37度以上の熱がある場合は、オフィスへの入室を禁止しています。
各自、入室時に体温を測り、一覧表へ記入します。
勤務中、少しでも体調に異変を感じた場合は、熱を測ってみることをお願いしています。

除菌対策の徹底

手指消毒剤、除菌シート、クレベリンを常設しています。
これは、新型コロナウイルスの感染防止対策として始めたわけではなく、日ごろから常に行っていることでもありますが、お客様対応の際、外出先から帰ってきた際はもちろん、気になったら自由に使えるよう手指消毒剤、除菌シートを設置しています。

在宅ワーク推奨による出社人数の軽減

社内勤務は午前、午後のいずれか3時間以内、かつ週4日以内とし、社員同士の接触を極力避けるよう出社人数の軽減を図っています。

デスクレイアウトを変更

デスク間距離について平時の2倍の距離(2m以上)を確保するため、デスクレイアウトの変更を行いました。
物理的にスペースが足りなくなるため、セミナールームも社員の作業スペースとして使用しています。

定期訪問や新規ご相談(相続のご相談含む)、社内会議のリモート化

メールやオンラインツールなどを利用し、極力非対面で行います。止むを得ず来社される方には、アルコール消毒液の使用にご協力をいただきます。
3人以上の社内会議はオンラインで行い、2人の打合せも換気された部屋で距離を取って行います。

セミナーのオンライン化

5月までのセミナーは全て、延期または中止し、6月からのセミナーはオンライン会議ツールのZoomを使用したLIVE配信で行います。

今後について

お客様や働く仲間に少しでも安心を届けられるよう、どれだけ対策してもやり過ぎということはないと考え、現状の対策としては上記の通りですが、これからも先を見越した柔軟な対策を行います。

今後、お客様にご迷惑とご不便をおかけすることもあるかもしれませんが、出来る限りご迷惑をおかけすることのないよう準備してまいります。

休業などの対策を行った方々への税制措置、助成金、補助金についてなど、ぜひお気軽にお問い合わせください。

厚生労働省 公式HPより引用

風邪や季節性インフルエンザ対策と同様にお一人お一人の咳エチケットや手洗いなどの実施がとても重要です。感染症対策に努めていただくようお願いいたします。
風邪症状があれば、外出を控えていただき、やむを得ず、外出される場合にはマスクを着用していただくよう、お願いします。
集団感染の共通点は、特に、「換気が悪く」、「人が密に集まって過ごすような空間」、「不特定多数の人が接触するおそれが高い場所」です。
換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間に集団で集まることを避けてください。

自分のため、みんなのため、そして大切な人のため。私たち一人ひとりが、できることをしっかりやっていく。それが私たちの未来を作ります。

お願い1:外出はできるだけひかえてください。
やむを得ず外出する場合には、マスクを着用していただくようお願いします。

お願い2:「三密」(密集、密室、密接)を避けましょう。
集団感染は、「換気が悪く」、「人が密に集まって過ごすような空間」、「不特定多数の人が接触するおそれが高い場所」という共通点があります。
できるだけ、そのような場所に行くことを避けていただき、やむを得ない場合には、マスクをするとともに、換気を心がけていただく、大声で話さない、相手と手が触れ合う距離での会話は避ける、といったことに心がけてください。

お願い3:咳エチケット(咳やくしゃみをする際、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖、肘の内側などを使って、口や鼻をおさえること)や手洗いをお願いします。

新型コロナウイルス感染症は、罹患しても約8割は軽症で経過し、治癒する例が多いことが報告されていますが、高齢者や基礎疾患をお持ちの方は、重症化するリスクが高いことが報告されています。皆さまご自身を守るため、そして、大切な人を守るため、3つのお願いへのご協力をお願いします。

さらにお願い:お友達にもぜひ3つのお願いを伝えていただけませんか。

Contact us お問い合わせ

お電話・メールフォームからのお問い合わせは
24時間365日受け付けております。