ホーム > 法定相続分について

法定相続分について

法定相続分と法定相続順位

相続人の範囲や法定相続分は、民法で次のとおり定められています。

相続人の範囲

死亡した人の配偶者は常に相続人となり、配偶者以外の人は、次の順序で配偶者と一緒に相続人になります。

血族人相続と配偶者相続 ※血族の相続は第1順位から第3順位まであり、前順位の者がいる場合は相続できない。

第一順位

第一順位の配偶者と直系卑属の相続分 ※配偶者が死亡している場合は、全遺産を直系卑属が相続

子供がすでに死亡している場合はその子供(被相続人の孫)が相続人となります

直系卑属がいない

第二順位

第二順位の配偶者と直系尊属の相続分 ※配偶者が死亡している場合は、全遺産を直径尊属が相続

父母がすでに死亡している場合は祖父母が相続人になります。

直系卑属も直系尊属もいない

第三順位

第三順位の配偶者と直系尊属の相続分 ※配偶者が死亡している場合は、全遺産を兄弟・姉妹が相続

兄弟姉妹がすでに死亡している場合はその者の子(被相続人の甥、姪)が相続人になります。

なお、相続を放棄した人は初めから相続人でなかったものとされます。

また、内縁関係の人は、相続人になれません。

相続税申告の流れのポイント

民法に定める法定相続分とは相続人の間で遺産分割の合意ができなかったときの遺産の取り分であり、必ずこの相続分で遺産の分割をしなければならないわけではありません。
したがって、遺産分割で誰が何を相続するかによって各相続人の相続税額も変わってきます。







相続税に関するご相談はこちらまで。無料相談実施中です!

  • 電話番号 052-762-0555 営業時間 平日9時~17時まで。お気軽にお電話下さい!
  • メールでのお問合せはこちらから。

  • 名古屋総合税理士法人 名古屋市千種区春岡一丁目4番8号 ESSE池下2F 地下鉄池下駅より徒歩1分 駐車場あります。