ホーム > 相続税の申告の流れと手続き

相続税の申告の流れと手続き

被相続人の死亡

1週間以内

1.死亡届の提出
被相続人の亡くなった日から7日以内に、医師の死亡診断書を添え、役所へ提出
2.葬儀の手配
葬式費用については領収書を整理
3.遺言書の確認
ある場合は自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言どれに該当するか確認
4.遺産の概要を把握
財産を相続するかの判断材料を集める
5.遺言書の有無を確認
原則家庭裁判所の検認が必要(ある場合のみ)
6.相続人の確認
被相続人と相続人の戸籍謄本を取り寄せる
7.税理士への依頼
税理士への依頼は相続放棄も視野に入れ、2か月を目安に行う

3ヶ月以内

8.相続放棄・限定承認
何もしなければ単純承認されるので、債務が多い場合は注意が必要

4ヶ月以内

9.遺産の評価
財産債務について調査する
10.準確定申告
4か月以内に相続人全員が被相続人が亡くなられた年の1月1日から死亡の日 までの所得税の確定申告を行う

10ヶ月以内

11.遺産分割協議書
申告までに円滑に遺産を分割できるかが相続のポイント
12.申告、納付
申告納付は10か月以内なので期限後申告になると無申告加算税や延滞税が発生します。

相続税申告の流れのポイント

相続税の申告のポイントはいかに争わず、かつ最大限節税できるかになるので各種手続きは速やかに行い、遺産分割を円滑に行うことがポイントとなります。







相続税に関するご相談はこちらまで。無料相談実施中です!

  • 電話番号 052-762-0555 営業時間 平日9時~17時まで。お気軽にお電話下さい!
  • メールでのお問合せはこちらから。

  • 名古屋総合税理士法人 名古屋市千種区春岡一丁目4番8号 ESSE池下2F 地下鉄池下駅より徒歩1分 駐車場あります。